【Excel】作業を効率化する方法~その3~

Tabキーを活用しよう

セル移動をキーボードで行う場合に、「←」「↑」「→」「↓」キーで行うのが基本だと思いますが、Tabキーでもセルの移動ができるって知っていましたか。

Tabキーでのセル移動は横方法への移動に限られますが、Tabキーを使うことで表の作成をスムーズに行うことができます。

Tabキーでの横移動と「→」キーでの横移動の違いはTabキーでの横移動の場合は「Enter」キーを押した場合に、Tabキーで横移動した起点のセルの下へ移動します。

例えば、次のような表を作成してく場合、

「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」を順に入力していくときに、入力後にTabキーで横方法へ移動していきます。

それで、「Enter」キーを押すと、Tabキーで移動を始めた「氏名」欄にセルが移動するので、次の情報を入力する際にセルを移動する必要がありません。

Tabキーで右移動、左へ移動したい場合は、「Shift」キーを押しながら、Tabキーを押すことで左へ移動することができます。

ちなみに同じように「Enter」も通常は下へ移動しますが、「Shift」キーを押しながらだと、逆の上方向へ移動することができます。あまり使うことはないですが(笑)

Tabキーを上手に活用して表の作成を効率化しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました